トラクターって買取可能?


実家が農家だったけれども、定年などのさまざまな理由によって農業を辞めるといったケースは、昨今では増えてきました。関税が撤廃され、農業が衰退していく中、あまり儲からないから転職をするという農家の方も少なくありません。さて、農家を辞めた場合、使用していた農機具をどのように処分していくのかという問題になります。トラクターや田植え機、コンバインなどの農機具は、比較的需要が少ないですので買取業者に買い取ってもらっても雀の涙程度のお金にしかなりませんし、かといって処分を保留しておけばスペースが圧迫されてしまって邪魔になってしまいます。粗大ゴミとして業者に引き取ってもらうにも費用が発生するという難物なわけですが、おすすめなのは買取業者に買取の依頼を出すことです

前述の通り、通常の買取業者に買い取ってもらったとしても、大した査定額が出るわけではありません。ポイントになるのは「農機具専門買取業者」に買い取ってもらうことです。買取業者にも専門分野があって、たとえば釣り具を専門にしている業者もあれば、乗用車を専門にしている業者も、バイクを専門にしている業者などもあります。農機具についても同様に専門の買取業者がおりますので、そちらに買い取ってもらうことを強くおすすめします。

それでは、なぜ農機具専門買取業者に買い取ってもらうべきなのか、その理由その他の処分方法より高額で買い取ってもらうためのポイントについて見ていきましょう。